スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の公演その3

ハイブリッド渾沌第三回公演

『ヨバヒ』

玄室の闇の中で、ひとりの男が見る幻とは…?

DH000063.jpg


2007年9月27(木)日~10月1(月)日

27日(木) 19:00
28日(金) 19:00
29日(土) 14:00 19:00
30日(日) 14:00 19:00
1日(月) 19:00
開場は開演の30分前

予約・当日共通 2,100円(税込)
学生 1,500円(税込・要学生証)

アール・コリン
 167-0051 東京都杉並区荻窪3-47-18 第五野村ビル1F
 03-3392-1251(劇場直通・当日のみ)

出演
 アカガネ 中村崇
 オワケ 武子太郎
 ヒヅキ 長谷川深幸
 ウズカ 田中梨絵子
 ミズガネ 白石真奈美
 アケボシ 水本貴大
 母 朝倉周児
 ヒナ 島田奈津子(dreamAid)
 ネネ 田中律
 ナナ なめきひとみ
 ヨヨ 津野佐和子(u.o.i.a.e.)
 
スタッフ
 作・演出 金子薫
 舞台監督 梶原顕
 照明 六車和子
 音響 荻山俊人(NONAME Produce)
 小道具 辻本直樹
 衣裳 米山未有紀(dreamAid)
 チラシ写真 松原正武
 チラシ構想 金子薫
 チラシデータ作成 金の字
 制作 ハイブリッド渾沌


20070725201953.jpg


20070725202013.jpg



金子より

古墳の内部に入ったことがありますか?
国内・国外ともに古墳は数多く残っておりますが、宗教や文化が違っても、そこに込められた想いには通ずるところがあり、その内部の闇もどこか同じ場所へつながっているような気がしてなりません。

大昔の出来事をモチーフにしましたが、歴史を語りたかったわけではなく、玄室の闇に囚われた一人の男の行く先を見てみたくて、この作品を作ろうと思いました。

無理を承知で歴史モノ(エセだけど)に挑戦!
恥を捨てて直球(私にしては)で勝負!
青臭くて泥臭い風を吹かせる!(つもりです)
ので、よろしくお願いいたします。



≪振り返って≫

DH000032.jpg

DH000049_convert_20080525231950.jpg

DH000023.jpg

DH000053.jpg


 とにかく走り抜けた公演。よくも悪くも過去二回とは趣の違う作品に仕上がったわ。
処女公演からして二本の候補台本のうちから「難しいほうをやってみよう」と挑戦したわたくしたち(ちなみに、やってないほうはまだ眠ったままよ)。しかしながら、今回は立ち向かうものがあまりにも大きかった感がありますの。もちろんそのとき持っていた力と時間はせいいっぱい使い、できあがったものはまさに、あのときのわたくしたちにしかできないものでありました。ただ、どうしてでしょうか? いつかまた、いくらか成長したわたくしたちでもう一度この話に挑戦してみたい……そう思う作品でもありましたの。
 劇場はアール・コリン。金子が作品づくりの参考にし、遠足と称して出演者全員で見に参りました埼玉は行田にあります、関東の石舞台と言われる八幡山古墳の内部に感じが似ている気がしましたの。横っちょにございました階段・通路までフルに使いまして、一部のお客様には見づらい構造になってしまいましたことは大きな反省材料でございます。出演者の数人にお願いしました会場装飾、入り口から客席までの通路のガラスに、タイトル「ヨバヒ」の字体を切り抜いたラシャ紙を貼りまして、夜には外の通りの車のライトに照らされた「ヨバヒ」の文字がうごめいておりまして、好評をはくしましたわ。
 さいわいにも、予想を上回る多くのお客様にお越しいただき、予約をお断り・当日お入りいただけない、という事態が発生してしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。


≪出演者への突っ込み≫

CIMG0239縮小

アカガネ…稽古ではいていたタイパンツがそのまま衣装に。ただ、股の、非常に微妙な場所に穴があいていたわ……。もちろん本番では繕い済みよ!オープニングの踊り中、アドリブで非常によい芝居をしていたのに、記録ビデオではフレームアウトしていた。お客様に見ていただけたんだから問題はないわよね。ただ、大多数のお客様は踊り陣の名前紹介を見ていただろうけど……。

CIMG0258縮小


CIMG0265縮小

オワケ…終盤舞台でずっと死んでいたわね。赤い羽根(募金じゃなくってよ)が舞った後は毎回くすぐったそうだったけれど、羽根が鼻に吸い付いてしまったときは生命の危険を感じ、こっそりナナに助けを求めたそうよ。それから、上半身に派手なイレズミを描いていたけれど、時間の無いときは本番前の待機中に、待機場所である照明・音響ブースで懐中電灯(衣装のヨネ、照明の六車さんが照らしてくれました)の明かりで描かれたことも。演出の金子が描き、同じ待機場所の白石がドーランを定着させるために渾身の力で透明白粉を叩きつけ、傍から見たらすっかり何かのプレイのようでしたわね。

CIMG0243縮小

ヒヅキ…当初の予想よりもかわいいヒヅキ像ができあがったのは長谷川が原因によるうれしい誤算ね。オワケと一緒に棺の中に入った姿はお客様からは見えなかったけれど、お見せできなかったのが残念なほど絵のように美しく収まっておりましたのよ。義母へこっそり挑発の顔を向けるとき、あまりのアホ面に何回かダメが出されましたわ。やりすぎよ……!

CIMG0247縮小

ウズカ…稽古中、アカガネに押さえ込まれて隠れる時、逃れようと身悶えするさまがどうもいやらしく、中村に「なまめかしくて……」と芝居をストップされたわ。そのまま続けていたら中村くん、どうなっちゃったかしらね?ほほほほほ。処女公演のときはミニスカートさえ相当いやがっておりましたのに、今回はスカートの裾をめくるのにパンツまで見せる勢い。大人になったわね……。

DH000014.jpg

ミズガネ…胸の谷間から芋を出す女。芋は床のパンチにこびりつくため、途中からなぜか“ちくわ“に変更。胸の谷間からちくわを出す女に。実はちくわだけでなくいろんなものが谷間に収納されていわ。小道具のうちわは白石の兄(うちわ職人)の手によるものよ。

アケボシ…稽古時、最高に気持ち悪い芝居ができ(最高に褒めてます)、見ていた役者Pちゃんから「ドン引き」と言われ心に傷を負う。その場面が終わった後、稽古であるにもかかわらず拍手が出るほどキモかったのよ(褒めてます!)。衣装がドラゴ○ボールと言われてしまったわね…。

CIMG0216縮小

ヒナ…母に毎回メイクをほどこしてあげていたわ。やさしい子ね。そのせいか、そこはかとなく母とヒナが同系統の顔に……!土役の武子と踊るのが、二組絡む場面よりエロい回もあったわ。大人になったわね……。

CIMG0220縮小

母…別れた彼女にあげるはずだったネックレス(ティファニー?)を身につけて登場。役立ってよかったわね。せりふの聞こえにくさが大敵だったけれど(やっつけきれず…)、お客様にはかわいがっていただけたわね。登場時、「しまう場所がない」といってミニ埴輪を胸の谷間に挟んできたわ。どいつもこいつもなぜかしら……?

DH000034.jpg

ネネ…舞台の構造の関係上変更になってしまったけれど、アカガネに迫る場面で股を開いて迫っていった時は相当輝いていたわ!三人でオワケを刺し続けるとき、脇で別の場面が進行中なのをいいことに、ハンバーグを作っていた(動きをしていた)ことがあり、ダメを出されたこともあってよ。

CIMG0269縮小

ナナ…武子の命を救った女。羽根まみれの武子をかいがいしくいたわってあげていたのもこの子よ。本番中、どうしてもトイレに行きたくなり、劇場裏手にあるトイレに、衣装のボロボロスカートを脱いで表に出、トイレに行ってきたツワモノよ。見えてもいいものはいてたとはいえ、下着よね……?

CIMG0234縮小

ヨヨ…衣装の水泳帽にいつのまにか“ヨヨ”と……。個人的に終盤のヨヨの「イケニエよー!」という叫びがツボでした。古代の原始的な人間のパッションを感じましてよ。オープニングの踊り、名前紹介の後全員で踊るところで、仮面を表裏逆につけて出てしまったことあり(表は土色、裏はデニム地でしたわ)。

DH000041.jpg

DH000046.jpg

スポンサーサイト

過去の公演その2

ハイブリッド渾沌第二回公演  『河を渡る』

Cnv0665.jpg


2006年8月11日(金)~13日(日)
神楽坂die pratze
予約・当日共通2000円 学生1500円

出演
 すず(鈴蘭) 田中梨絵子
 猫(玉藻) 島田奈津子(dreamAid)
 おかみ/少女(鈴虫) 行木ひとみ
 兄貴/少年(陣) 武子太郎
 彩女 白石真奈美
 百合 吉田京子
 桔梗 里実京
 なずな 津野佐和子(u.o.i.a.e.)
 鉄 吉田海輝(サンチャゴ)
 藤 朝倉周児
 浄 大浦孝明(ほんのサービス)
 妹 川口恵理

スタッフ
 作・演出 金子薫
 照明 六車和子
 音響 荻山俊人(NONAME Produce)
 衣装 米山未有紀(DreamAid)
 美術 佐藤さい子(工房時間差)
 美術製作 工房時間差
 写真 石崎道子・澤西美由紀
 チラシ作成 笹窯
 制作 ハイブリッド渾沌
 協力 田端真志(ミケとゆたん歩)、細川帆子、小川佳世、行武綾子、
     生駒麻美、西川郁子、岸野聡子、目黒大輔

20070729215826.jpg


20070729215850.jpg



≪振り返って≫
 一回目の勢いをひきずってスタート。とにかく一回はやったという安心感の上にあぐらをかかないよう気を使ったわ。気力はあるのだけれど、暑かったのでみんな身体はバテ気味。
 三橋美香子さんの歌にイメージを喚起され、今回は踊りが増えたの。男子苦戦。動きの振りはだいたい演出が考えたりアイデアをだしてもらってまとめますけれど、「マジョカンノン」という詩を読むところのフリを男子に任せてみたわ。どうせボツになると思ってふざけて作っちゃったんですって。でもおもしろかったのでほぼそのまま採用になったの。男子は逆に驚いていてよ。
 それで調子にのったのか、稽古なかば、男子のおしゃべりが目立って、女子の反感を買ってしまいましたわ。男子女子って小学生みたいだけど、仲裁してくれるような学級委員はいなくてよ。で・も、めったに怒らないR子が怒って恐かったせいか、中学生日記のような劇的な仲直りはなかったけれどなんとか乗り越えられたの。
 今回は袖の入り口を隠さずに、移動も見せてしまう構成でして、90cmくらいだけふすまを明けて、ふすまの向こう側を歩いて通り過ぎる、歩き方の練習をしたわ。「亡者が視界の端をゆっくり動いてる」みたいにしたいというのに、「夜中にトイレに行く寝ぼけたお父さん」「トイレに行きたいのを我慢して我慢しつつ優雅さを装う貴婦人」「電池の切れかけたロボット(旧型)」などが現れてやっつけるのに苦労しちゃったの。
 暑さに体力を奪われつつ本番を迎える。お盆と重なったせいか、初日の金曜にお客様が集中。この日いらしたお客様には苦しい思いをさせてしまったわ…。小学生が前列で見ていてどっきり。情操面に悪影響がないかどうか不安だわ。
 とある回では雷さま来襲(ドリフのじゃなくてよ)。雷鳴が内容に合いすぎて「雷の効果音がリアルだった」との感想が。ありがとう、雷さま。照明のむぐはドキドキだったけれどね。


≪出演者への突っ込み≫

すず…「猫の首を絞める」場面、最終的にそうなる流れをつかんだとき、本当になっちゃん(島田)を殺しそうだったわ。

猫…最初から最後まで舞台端でみんなを見ている役。前回袖に引っ込んだ後、楽屋用緑のスリッパを履いて出てしまったからそうしたんじゃなくてよ。ええ、けっして。

おかみ…元気印娘。誘惑するときの踊りも元気で、大胆に太ももを見せていたわ。そんな姿を人は「スイッチ入ってる!」と言っていたの。

陣…「男子で分けてつけて」と渡したアクセサリー、真っ先にかっこいいのを全部持ってっちゃうちゃっかりさんよ。

彩女…帯の紐で藤をムチ打つのは桔梗のはずだったのですけれど、この人のムチ打ちがあまりにうまいのでチェンジになったの。

百合…よく考えたら、この人ずっと下着のままだったわ・・・。もちろんプライベートじゃなくって衣装の話よ。

桔梗…「恥じらい」という言葉を知らない大胆な演技で稽古場の笑いを独占した女。ひょうたんは自前。どうして持ってるのかしら・・・?

なずな…アンケートに「豆腐小僧」と書かれていた。思っても誰も口に出さなかったのに…。

鉄…Tくんの台本の、絵付きで「おっぱい」という落書きの犯人はこの人よ!

藤…女の名前を適当につけて、といったら「マキ」「ユミコ」となったの。誰かしら…?

浄…衣装を合わせた時、ほぼ完成形だった陣と鉄に対し、手作りのズボンは未完成、パンクっぽくぼろぼろにしたTシャツは染める前で真っ白。哀れな自分の姿にスネてしまったわ。衣装のヨネ(彼より5歳くらい年下)に、「あの子は目の前に現物がないと納得できない子だから」と言われてしっまたのよね。

妹…埋められるところのソロダンスは目隠し人のカリスマと言われていたわ

Cnv0666.jpg

Cnv0667.jpg

Cnv0668.jpg

Cnv0669.jpg

Cnv0670.jpg

Cnv0671.jpg

Cnv0672.jpg

Cnv0673.jpg

Cnv0674.jpg

Cnv0675.jpg

Cnv0676.jpg

Cnv0677.jpg

Cnv0678.jpg

Cnv0679.jpg

Cnv0680.jpg


過去の公演その1

ハイブリッド渾沌処女公演 『水源の椅子』

RIMG0572.jpg


2006年1月20日(金)~22日(日) 計5回公演
吉祥寺櫂スタジオ
予約・当日共通 おひとりさま1,700円

出演
 越郎 目黒大輔      さやか/番人 島田奈津子
 おばちゃん 津野佐和子 サイトウ(修理屋/犬) 友松栄
 藍 白石真奈美      瑠璃 田中梨絵子
 紺 須田佐和子(○素)  千草 松本麻里
 牡丹 武子太郎      父 栗田英彦(アラス・ペダン)
 母 服部ユキ       信男 岸野聡子
スタッフ
 作・演出 金子薫
 舞台監督 上林博之(工房時間差)
 照明 六車和子
 音響 荻山俊人
 衣装 斎藤頌子
 美術 佐藤さい子(工房時間差)
 美術製作 工房時間差
 宣伝美術 加藤彩
 制作 小川佳世、細川帆子
 協力 イマジネイション、劇団鋼鉄村松、
     田端真志(ミケとゆたん歩)、廣瀬暢子、長尾穂文 (順不同)

omotenaoshi.jpg


ura2.jpg



≪振り返って≫

 Dún Aonghasa(*1)から飛び降りる気持ちで行った処女公演。すべてが手探りだったけれど、初回ゆえの無茶無謀(おほほほほ)とビギナーズラックに助けられ、全力疾走のまま無事に完走できたわ。
 当日は数年に一度の大雪に見舞われたの。雪の中来てくださったみなさまには、ほんとうに感謝、心からの愛をお送りするわ。出演者の一人に借りたビデオカメラが壊れてしまい(壊した…?)、大雪の中自転車を借りて吉祥寺駅前までビデオカメラを買いに走ったのも今はいい思い出。冷たかったわ…。
 トイレの話だったのだけれど、美術さんがすばらしい公衆トイレを再現してくださり好評をはくしたわ。

*1:アイルランドはアラン諸島、イニシュモア島にある遺跡よ。大西洋の荒波が砕けるほぼ垂直90mの崖の上にあるわ。2000年前くらいに造られたらしい要塞のようなものだけど、用途は残念ながら不明なんですって。崖に手すりとかがなくて、地面が切れたところは90m下の海へまっしぐら。要興奮な遺跡だけれども要注意でもあるわ!

RIMG0621.jpg


出演者へのツッコミ

RIMG0538.jpg


目黒大輔(越郎)…ラスト、お客さんにはずっと背中を向けてるときぼろぼろ泣いていた……のはいいんだけど、裏で衣装のTシャツのすそで拭うのはどうかと思うわ。

島田奈津子(さやか/番人)…一回だけ、上記写真の場面で、楽屋で履いていた緑のスリッパを履いたまま出てしまったらしいのよ。いくらトイレでもねえ…。

RIMG0632.jpg


津野佐和子(おばちゃん)…台本に「修理屋(サイトウ)の股間をつかむ」とあり、一応フリだったんだけど、「ときどきほんとに痛かった」らしいわ。ガッツね。

RIMG0554.jpg


友松栄(サイトウ(修理屋/犬))…犬扱いされるのがよく似合う男よ。

RIMG0513.jpg


白石真奈美(藍)…「わしづかみで汚く食べて」という指令がどうしてもお上品になってしまいなかなかこなせなかったわね。お嬢かしら?口移しでモノを食べさせる場面、“エロ美しく見える角度”を求めて何度もやらせて悪かったわ。

田中梨絵子(瑠璃)…越郎の身体を掃除するとき、股間を拭くかどうかですごくモメた。女数人が真面目な顔して目黒くんの股間について協議している様子は今思い出しても微笑ましいわね。

須田佐和子(紺)…「下手に歌って」と言った歌がすばらしく上手に下手だったの!あと犬への態度がかなりS!

松本麻里(千草)…犬に乗って歩いていくさまがとってもパンク!わたくしもちょっと乗られたくなったわ。

武子太郎(牡丹)…女装役で、メイクさんの力でかわいく変身。でも黒いマニキュアをして帰ってきた息子を見て、親御さんはどんな心地がしたかと考えると心が少しだけちゅくちゅくしちゃうの。

RIMG0583.jpg


栗田英彦(父)…踊っているとき全身力入れすぎてコチコチだったわね。それじゃ動けるものも動かないわ。ふわっとぴしっと、よ!

服部ユキ(母)…小屋入りしてから目がイってて惚れたわ。

岸野聡子(信男)…少年役だったので胸部を養生テープでぐるぐるまきにして乳房をつぶしてくれていたの。形が悪くなったらわたくしのせいかしら?責任は…とる覚悟よ。

RIMG0573.jpg



Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。