スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の公演その2

ハイブリッド渾沌第二回公演  『河を渡る』

Cnv0665.jpg


2006年8月11日(金)~13日(日)
神楽坂die pratze
予約・当日共通2000円 学生1500円

出演
 すず(鈴蘭) 田中梨絵子
 猫(玉藻) 島田奈津子(dreamAid)
 おかみ/少女(鈴虫) 行木ひとみ
 兄貴/少年(陣) 武子太郎
 彩女 白石真奈美
 百合 吉田京子
 桔梗 里実京
 なずな 津野佐和子(u.o.i.a.e.)
 鉄 吉田海輝(サンチャゴ)
 藤 朝倉周児
 浄 大浦孝明(ほんのサービス)
 妹 川口恵理

スタッフ
 作・演出 金子薫
 照明 六車和子
 音響 荻山俊人(NONAME Produce)
 衣装 米山未有紀(DreamAid)
 美術 佐藤さい子(工房時間差)
 美術製作 工房時間差
 写真 石崎道子・澤西美由紀
 チラシ作成 笹窯
 制作 ハイブリッド渾沌
 協力 田端真志(ミケとゆたん歩)、細川帆子、小川佳世、行武綾子、
     生駒麻美、西川郁子、岸野聡子、目黒大輔

20070729215826.jpg


20070729215850.jpg



≪振り返って≫
 一回目の勢いをひきずってスタート。とにかく一回はやったという安心感の上にあぐらをかかないよう気を使ったわ。気力はあるのだけれど、暑かったのでみんな身体はバテ気味。
 三橋美香子さんの歌にイメージを喚起され、今回は踊りが増えたの。男子苦戦。動きの振りはだいたい演出が考えたりアイデアをだしてもらってまとめますけれど、「マジョカンノン」という詩を読むところのフリを男子に任せてみたわ。どうせボツになると思ってふざけて作っちゃったんですって。でもおもしろかったのでほぼそのまま採用になったの。男子は逆に驚いていてよ。
 それで調子にのったのか、稽古なかば、男子のおしゃべりが目立って、女子の反感を買ってしまいましたわ。男子女子って小学生みたいだけど、仲裁してくれるような学級委員はいなくてよ。で・も、めったに怒らないR子が怒って恐かったせいか、中学生日記のような劇的な仲直りはなかったけれどなんとか乗り越えられたの。
 今回は袖の入り口を隠さずに、移動も見せてしまう構成でして、90cmくらいだけふすまを明けて、ふすまの向こう側を歩いて通り過ぎる、歩き方の練習をしたわ。「亡者が視界の端をゆっくり動いてる」みたいにしたいというのに、「夜中にトイレに行く寝ぼけたお父さん」「トイレに行きたいのを我慢して我慢しつつ優雅さを装う貴婦人」「電池の切れかけたロボット(旧型)」などが現れてやっつけるのに苦労しちゃったの。
 暑さに体力を奪われつつ本番を迎える。お盆と重なったせいか、初日の金曜にお客様が集中。この日いらしたお客様には苦しい思いをさせてしまったわ…。小学生が前列で見ていてどっきり。情操面に悪影響がないかどうか不安だわ。
 とある回では雷さま来襲(ドリフのじゃなくてよ)。雷鳴が内容に合いすぎて「雷の効果音がリアルだった」との感想が。ありがとう、雷さま。照明のむぐはドキドキだったけれどね。


≪出演者への突っ込み≫

すず…「猫の首を絞める」場面、最終的にそうなる流れをつかんだとき、本当になっちゃん(島田)を殺しそうだったわ。

猫…最初から最後まで舞台端でみんなを見ている役。前回袖に引っ込んだ後、楽屋用緑のスリッパを履いて出てしまったからそうしたんじゃなくてよ。ええ、けっして。

おかみ…元気印娘。誘惑するときの踊りも元気で、大胆に太ももを見せていたわ。そんな姿を人は「スイッチ入ってる!」と言っていたの。

陣…「男子で分けてつけて」と渡したアクセサリー、真っ先にかっこいいのを全部持ってっちゃうちゃっかりさんよ。

彩女…帯の紐で藤をムチ打つのは桔梗のはずだったのですけれど、この人のムチ打ちがあまりにうまいのでチェンジになったの。

百合…よく考えたら、この人ずっと下着のままだったわ・・・。もちろんプライベートじゃなくって衣装の話よ。

桔梗…「恥じらい」という言葉を知らない大胆な演技で稽古場の笑いを独占した女。ひょうたんは自前。どうして持ってるのかしら・・・?

なずな…アンケートに「豆腐小僧」と書かれていた。思っても誰も口に出さなかったのに…。

鉄…Tくんの台本の、絵付きで「おっぱい」という落書きの犯人はこの人よ!

藤…女の名前を適当につけて、といったら「マキ」「ユミコ」となったの。誰かしら…?

浄…衣装を合わせた時、ほぼ完成形だった陣と鉄に対し、手作りのズボンは未完成、パンクっぽくぼろぼろにしたTシャツは染める前で真っ白。哀れな自分の姿にスネてしまったわ。衣装のヨネ(彼より5歳くらい年下)に、「あの子は目の前に現物がないと納得できない子だから」と言われてしっまたのよね。

妹…埋められるところのソロダンスは目隠し人のカリスマと言われていたわ

Cnv0666.jpg

Cnv0667.jpg

Cnv0668.jpg

Cnv0669.jpg

Cnv0670.jpg

Cnv0671.jpg

Cnv0672.jpg

Cnv0673.jpg

Cnv0674.jpg

Cnv0675.jpg

Cnv0676.jpg

Cnv0677.jpg

Cnv0678.jpg

Cnv0679.jpg

Cnv0680.jpg


スポンサーサイト

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。