スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新再開いたします

どうもお久しぶりです。

第五回公演『鍋』が終わってはや四ヶ月…
更新がままならず申し訳ありません。
それでもここをのぞいてくださる奇特な方に向け、
また記事を載せてゆきたいと思います。

この間、金子は芝居を支える環境を整えようと、
まず自分の環境から変化を起こしていました。
どう考えても儲かるような作風ではないので、
地道にでも作りたいものを作り続けていけるよう、
道を探ってみています。
状況は変わっていくものなのでベストな道を進めたかはわかりませんが、
また次回もやる気だぜ、という気合いを受け取っていただけたらさいわいです。

とはいえ、まだ自分の足元を変えてみたに過ぎません。
毎回出演者関係者の皆さまの助けを、
それこそ来世がないとお返ししきれないくらいの(笑)助けを借りて、
なんとかやってまいりました。
この状況ももう少し改善できるようにしていきたいと思います。



さて、しばらくは『鍋』について少しずつ書いていきます。

今回、池袋演劇祭というものに参加してみました。
狙って出たわけではなく、王子でも時期が合えば参加可能でしたので思いきって出てみたのですよ。

結果は、参加してとてもよかったと思います。
賞をいただけたわけでもなく、作品も他団体さまの中では浮いていましたが…。

ひとつは、CM大会などで、いろんな劇団の存在を知ることができたことがよかったです。
一人ユニットなので他の劇団とのつながりがたくさんあるわけではないので、
あ、老若男女仲間がたくさんいるぞ…と(笑)

もうひとつは、審査員として、普段ならいらっしゃらない方々がご観劇くださったこと。
審査の評を後日いただいたのですが、どの方も、賛も否も真摯なお言葉を綴ってくださっていて、
時には自分では気付かなかった点を指摘いただいたりと、
とてもとても励みになりました。
もちろんこれは劇場でいただくアンケートも同様なのですが、
普段のお客さまは縁かゆかりのある方が多いので、
確実に一歩離れたところからのご意見、
大変ありがたかったです。

演劇祭、おもしろいですね。
また何か関わることができたらよいなと思います。



次回からは役者・スタッフさんについて書いていきます。
スポンサーサイト

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。