スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋、その美術について

画像のアップが携帯からだとできず、ひと月近く放置された内容をようやく掲載いたします…。
カメの歩みで申し訳ありません。



鍋の美術は第四回『赤い褌』に引き続きフーヤさんに担当していただきました。

個人的に、赤い褌の木の柱、色を重ねた紗幕の波がとても印象的だったのです。
シンプルな素材とフーヤさんのセンスだけでこんな世界が出来上がるのか!!と。

少ない打ち合わせで、台本で明言化されていない芝居の雰囲気を掴んで
現してくださって、本当にすばらしいなと感じました。
ラインひとつ、布一枚にもこだわりを持って、
でも大胆に全体を造り上げていく手腕は、星飛馬の姉さんのように
後ろからそっと覗き見ているだけでも見応えがあります。

今回も、鍋をメインにしたシンプルなものを…とお願いしました。

しかも、鍋ではさらにスペシャルゲストがおりまして、
日本画家の六島芳朗さんに絵を描いていただくというコラボレーションが実現したのです!

過去出演していただいた行木ひとみさんのご縁で、
数年前とあるグループ展を見に行ったのです。

その中に、壁一面に近いくらい大きな絵がバーン!!とありまして、
ほぼ白と黒の、静かな迫力を秘めた絵でした。

それが六島さんの作品でした。

こんな絵の前で芝居をやったらどうなるんだろう…と、
絵から受けた迫力そのままに、思わずその場でご紹介していただきました。

その後しばらく公演がなかったのですが、『鍋』でそのお力をお借りすることができました。

ほぼ指定はなく、六島さんが台本を読んで感じた印象を絵にしていただきました。

フーヤさんと六島さん、お二人の世界がぶつかったらどうなるのかしら…
と、芝居の中身が追い付けるかどうか不安を抱えながらも
美術の完成を楽しみにしておりました。

そして完成したのがこちら…

RIMG0036小


写真だと伝わりにくいのが残念ですが、pit北/区域の持つ雰囲気とミックスされ、
独特な空気を醸し出しておりました。

ただ、舞台上のみ二階部分まで吹き抜けという構造で、
絵が全部見えるのがごく一部の客席に限られるという…(涙)

しかしお二人の力によって、『鍋』の世界観をより強いものにしていただきました!

スポンサーサイト

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。