スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の公演その1

ハイブリッド渾沌処女公演 『水源の椅子』

RIMG0572.jpg


2006年1月20日(金)~22日(日) 計5回公演
吉祥寺櫂スタジオ
予約・当日共通 おひとりさま1,700円

出演
 越郎 目黒大輔      さやか/番人 島田奈津子
 おばちゃん 津野佐和子 サイトウ(修理屋/犬) 友松栄
 藍 白石真奈美      瑠璃 田中梨絵子
 紺 須田佐和子(○素)  千草 松本麻里
 牡丹 武子太郎      父 栗田英彦(アラス・ペダン)
 母 服部ユキ       信男 岸野聡子
スタッフ
 作・演出 金子薫
 舞台監督 上林博之(工房時間差)
 照明 六車和子
 音響 荻山俊人
 衣装 斎藤頌子
 美術 佐藤さい子(工房時間差)
 美術製作 工房時間差
 宣伝美術 加藤彩
 制作 小川佳世、細川帆子
 協力 イマジネイション、劇団鋼鉄村松、
     田端真志(ミケとゆたん歩)、廣瀬暢子、長尾穂文 (順不同)

omotenaoshi.jpg


ura2.jpg



≪振り返って≫

 Dún Aonghasa(*1)から飛び降りる気持ちで行った処女公演。すべてが手探りだったけれど、初回ゆえの無茶無謀(おほほほほ)とビギナーズラックに助けられ、全力疾走のまま無事に完走できたわ。
 当日は数年に一度の大雪に見舞われたの。雪の中来てくださったみなさまには、ほんとうに感謝、心からの愛をお送りするわ。出演者の一人に借りたビデオカメラが壊れてしまい(壊した…?)、大雪の中自転車を借りて吉祥寺駅前までビデオカメラを買いに走ったのも今はいい思い出。冷たかったわ…。
 トイレの話だったのだけれど、美術さんがすばらしい公衆トイレを再現してくださり好評をはくしたわ。

*1:アイルランドはアラン諸島、イニシュモア島にある遺跡よ。大西洋の荒波が砕けるほぼ垂直90mの崖の上にあるわ。2000年前くらいに造られたらしい要塞のようなものだけど、用途は残念ながら不明なんですって。崖に手すりとかがなくて、地面が切れたところは90m下の海へまっしぐら。要興奮な遺跡だけれども要注意でもあるわ!

RIMG0621.jpg


出演者へのツッコミ

RIMG0538.jpg


目黒大輔(越郎)…ラスト、お客さんにはずっと背中を向けてるときぼろぼろ泣いていた……のはいいんだけど、裏で衣装のTシャツのすそで拭うのはどうかと思うわ。

島田奈津子(さやか/番人)…一回だけ、上記写真の場面で、楽屋で履いていた緑のスリッパを履いたまま出てしまったらしいのよ。いくらトイレでもねえ…。

RIMG0632.jpg


津野佐和子(おばちゃん)…台本に「修理屋(サイトウ)の股間をつかむ」とあり、一応フリだったんだけど、「ときどきほんとに痛かった」らしいわ。ガッツね。

RIMG0554.jpg


友松栄(サイトウ(修理屋/犬))…犬扱いされるのがよく似合う男よ。

RIMG0513.jpg


白石真奈美(藍)…「わしづかみで汚く食べて」という指令がどうしてもお上品になってしまいなかなかこなせなかったわね。お嬢かしら?口移しでモノを食べさせる場面、“エロ美しく見える角度”を求めて何度もやらせて悪かったわ。

田中梨絵子(瑠璃)…越郎の身体を掃除するとき、股間を拭くかどうかですごくモメた。女数人が真面目な顔して目黒くんの股間について協議している様子は今思い出しても微笑ましいわね。

須田佐和子(紺)…「下手に歌って」と言った歌がすばらしく上手に下手だったの!あと犬への態度がかなりS!

松本麻里(千草)…犬に乗って歩いていくさまがとってもパンク!わたくしもちょっと乗られたくなったわ。

武子太郎(牡丹)…女装役で、メイクさんの力でかわいく変身。でも黒いマニキュアをして帰ってきた息子を見て、親御さんはどんな心地がしたかと考えると心が少しだけちゅくちゅくしちゃうの。

RIMG0583.jpg


栗田英彦(父)…踊っているとき全身力入れすぎてコチコチだったわね。それじゃ動けるものも動かないわ。ふわっとぴしっと、よ!

服部ユキ(母)…小屋入りしてから目がイってて惚れたわ。

岸野聡子(信男)…少年役だったので胸部を養生テープでぐるぐるまきにして乳房をつぶしてくれていたの。形が悪くなったらわたくしのせいかしら?責任は…とる覚悟よ。

RIMG0573.jpg

スポンサーサイト


Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。