スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赤い褌』裏側紹介その2 +α

スタッフさん紹介、第二回目は照明、六車和子さん

知り合ったのは普通の役者のワークショップ。
が、再会したのは処女公演出演の栗田くんが主宰する「アラス・ペダン」公演での照明さんとして。
照明も役者もダンスもアクションもできる、二足どころでないわらじの履き主でありました。

プラグを差し替え差し替え、現代・現実にない場面ばっかり・踊りまであるぞ、な芝居をすてきに照らしてくださいました。
最近は、劇場の条件さえ許せば、手の空いているときに本番の写真まで撮っていただけるように……スーパーマルチな働き者でございます。
(今回の舞台写真、多くが六車さん撮影です)

第二回公演終了後からしばらく経ったのち、彼女からいただいた舞台写真のCDR、
タイトルが『橋を渡る』だったのはご愛敬、ふふふ。
(正しくは『河を渡る』)


+αな情報ですが、
サブテレニアンさんが、ブログに公演写真を掲載してくださっております。
http://subterranean.air-nifty.com/blog/
サブテレニアンさんが撮ってくださった写真で、あちらのブログでしか見られませんので、
どうぞご覧くださいませ。
スポンサーサイト


Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。